赤みを出さずにやわらかいカラーにしていきたい方へおすすめの脱白髪染め
施術例Before/After

脱白髪染めのやり方のご紹介

赤みを出さずにやわらかいカラーにしていきたい方へおすすめの脱白髪染め

川崎の元住吉にあるカラー専門店KIZASI。
当サロンでは脱白髪染めをおすすめしております。

こちらではサロンで濃い白髪染めを何度も繰り返していて、暗い色から抜け出すことが出来ない。
そんな方に向けたご提案方法の1つをご紹介。

ちなみに、俗に言う白髪染めとは、濃い茶色がしっかり入ったカラー剤のことです。
その濃い色を積み重ねてしまうからどんどん暗い色に仕上がってしまいます。
なので、これを解消するにはそれ以外のピンクやアッシュなどの色で作られているカラー剤。
そんなカラー剤を使いながらカラーすることで色味を楽しみながら、透明感が出る色をにしていくことが出来るのです。

暗い状態のカラーだと

  • 根本の白髪が気になる
  • ペタッとして見える
  • 色が楽しめない
  • 老けて見える
  • 垢ぬけない
  • 艶がない

そんな印象に見えてしまうので暗い白髪染めから卒業する脱白髪染めがオススメです。

ビフォーからみてきましょう。

今までの積み重ねで暗くなってしまっていると、2週間ほどで根本から出てきた白髪(ハクハツ)がきになってしまいます。
そして濃いブラウンが入っていると色を変化させてようと思っても思い通りの色にならないです。

まずは、この暗い色を明るくしていきます。
今回はケアブリーチを使って明るくしていきます

ケアブリーチとは、髪の切れ毛を94.6%カットしてくれるブリーチ剤のことです。
さらにその中にKIZASIブレンドのトリートメントを配合することでダメージを最大限に抑えて、切れ毛もなくツヤを残しながら明るくすることが可能です。

根本の新しく生えてきている、明るくしなくていい部分にはブリーチ剤をつけないようにして負担を最小限に抑えています。
KIZASIでは頭皮に付けないでブリーチ剤を使うことが出来る技術があるので、『頭皮が痛くてつらかった』なんてこともなく明るくすることが可能です。

まずは色が明るくなりましたが、オレンジが強い印象です。
濃い白髪染めやヘアマニキュア、ヘナなどをしていたりすると、この赤さが強く出てしますのです。
当面はこの赤みをなくしていく事が課題です

ですが、ブリーチをするのは初めの1回だけで大丈夫です
その後はブリーチなしで赤みをなくしていくことが出来ます。

この明るくした状態から負担のかからないカラー剤で色をプラスしていきます。
色を足すときは明るくすることが出来ない、色を整えることしかで出来ないカラー剤を使っていきますのでここでもダメージを最小限に抑える工夫をしています。

更に今までのダメージを少なくしたい方はKZIASIスペシャルトリートメントで補修をしていくと弾力のある、カラーやパーマをしてない地毛のような状態にしていくこともできます。

1回目の仕上がりはこちら。
ブリーチ直後のオレンジをおさえた上品なベージュになりました。
この状態に出来れば2回目以降は時間も短くすることが出来ますし、色も楽しんでいくことが出来ます。

そして、回数を重ねるごとに色が落ちてきた時にも赤みがない色になっていくんです。

3回目、6回目と色の落ち方が変わることで根本の白髪(ハクハツ)も気になりづらくなっていませんか?
色を楽しみたい方には色が落ちてくる1カ月~1か月半でメンテナンスで染めていくのもおすすめしています。

毎回の仕上がりの状態がこちらです。
回数が増えるにつれて赤みがある感じが弱くなり透明感のある色になってっているのがわかるでしょうか。
初め以降はブリーチはしなででカラーをしています。
それなのに透明感が増してくるのは、毎回使うカラー剤のオリジナルの調整と白髪(ハクハツ)の量がある程度あるからこそなんです。

嫌いだと思っていた白髪(ハクハツ)もこんな綺麗な色にしてくれるのであれば共存したい気持ちにもなってきませんか?

どんなカラーにすればいいか迷っている方に安心できるように、

KIZASIでは初回のカウンセリングで30~60分ほどかけてしっかり今までの履歴と今後の展望をご相談させていただいております。
あなたに合ったカラーを是非探していきましょう。

関連記事